2021-10-31

猫背とヒップアップの関係性

ますます姿勢の悪い人(猫背)が増えましたね。

間違いなく携帯、パソコン、デスクワークのせいだと思いますが…

体の重心線は、外くるぶしの2.3センチ前と言われておりますが、猫背のせいでだんだん前に移動しているとも言われています。

運動指導をご希望でお越しになっても、まずその前に姿勢の矯正をしないと運動ができない位です。

事例でいうと、ヒップアップのためにスクワットしたいとご希望頂いても、

猫背(肩甲骨の外転)

腰が丸まる(脊柱の屈曲)

お尻が垂れる(骨盤の後傾)

となり、全ての刺激が太ももに入ってしまいます。

(膝スクワットになってしまい、股関節スクワットができないということ)

姿勢が悪いだけであればまだ良い?のですが、肩や首が凝って辛いという人も多いですね。

(頭の重さは7〜8キロありますので、それが前に傾けば当たり前ですよね)


猫背・肩凝り解消について、まず人の背骨はS字に弯曲しています。

ですが、猫背の人は弯曲し過ぎてしまっていますので、まずはニュートラルポジション(本来の位置)に戻しましょう。

プレ・エクササイズとしてお手軽なのは、
【 フォームローラー 】
【 キャット&ドッグ 】
ですね。

また後頭部の後にある外後頭隆起(頭の後ろのでっぱり)の下部の筋肉を緩めると、楽になる場合も多いです。

その場合は、フォームローラーや筋膜ローラーを枕にしてゆっくり圧をかけてくださいね。

その後は、筋肉を動かすことによって血流を促進する【ミルキング・アクション】を起こしましょう。

種目としては、
【 ラットプルダウン 】
【 ロウロウイング 】
がオススメです!

筋トレという訳ではないので、軽い重量でフルレンジ(全可動域)20〜30回行うといいですね。

腕で引かず、肩(肩甲骨)がしっかり上下・前後するように。

徐々に
【 デッドリフト 】
なども取り入れるといいでしょう。

いわゆる尻トレは、その後にスタートしましょう!

更に一番大事なことは、
【 日頃の姿勢 】
だったりしますので、くれぐれもご注意を🤗

関連記事